初めまして。明治大学雄辯部129期代表を務めている鈴木豪太です。

まず、雄辯部のホームページを見て頂き、ありがとうございます。この代表挨拶では、雄辯部について私見を交えつつ、熱く語らせて頂きます。

雄辯部とは、今年で130周年を迎える、明治大学で最も古いサークルです。過去には、足尾銅山鉱毒事件を全国に広めるべく全国遊説をするなど、「歴史の教科書で習うような出来事の最前線」で活動してきました。

雄辯部の歴史を指し示す証拠として、雄辯部OBには、あの「元内閣総理大臣の三木武夫」

がいます。なんと言っても雄辯部は、明治大学で総理大臣を輩出している唯一のサークルです。
現在でも、現職の政治家を数え切れないほどに輩出しています。

試しに!

明治大学和泉キャンパスが有る、杉並区の区長の経歴を調べてみて下さい。

雄辯部の凄さが分かったでしょうか?

尚且つ、雄辯部OBの活躍は、政界だけに止まりません。

経済界においては、証券会社の役員やベンチャー企業の社長を務めている雄辯部OBなども居ります。他にも、法曹やマスコミ、飲食業界、etc・・

雄辯部は、各界に幅広くOBを輩出しておりますが、そのOBの誰もがトップクラスの活躍を各界において成し遂げております。

そんな歴史と伝統ある雄辯部ですが、決して伝統に雁字搦めになった、時代遅れのサークルではございません。

今の雄辯部には、「3つの理念」があります。

  1. 説得力の向上
  2. 自己実現
  3. 社会貢献

です。

具体的に言いますと、雄辯部は

  1. 説得力の向上を図る事により、自分以外の人間を突き動かすパワーを鍛え上げる。
  2. 自分の持つ価値観を、部員同士の熱い議論や研究で磨き上げ、その過程で自己を理解し、理想の自己を実現する。
  3. 理想の自己を実現し、かつ説得力を持った人間を輩出し、社会に貢献する。

ことを目的にした部です。

雄辯部は日頃から弁論や研究や議論を通し、哲学から政治、経済、文化、アニメ、アイドル・・・多岐にわたる分野を真剣に勉強しております。
試しに雄辯部の部室を覗いてみて下さい。部員はみな、熱く滾りながら真剣に議論や勉強をしています。

よく雄辯部は、政治思想を色濃く持ったサークルと勘違いされがちなのですが、全く持って逆です。部としての思想は全くありません。

むしろそれは、

多様な価値観を同時に併せ持つ雄辯部の特色」です。

雄辯部は、成長意欲さえ有れば、どんな人間にも入る権利があります。

雄辯部は「自由で多様性を認める部風」と「類い稀な成長環境」があったからこそ、前述の偉大なる先輩達を社会に輩出できたのです。

雄辯部には、必ず社会に必要とされる人材になれる環境があります。

雄辯部は、新入生、上級生問わず、常に入部を受け付けています。
ホームページからも連絡が出来ますので、質問があれば今直ぐに連絡してきて下さい。

ぜひ我々と一緒に、最高のキャンパスライフ&雄辯部ライフを送りましょう!

令和2年 4月 雄辯部129期代表 鈴木豪太